カードローン選びの失敗とは?

カードローン選びには失敗と成功があります。
比較せずにカードローンを選ぶのは失敗の元です。

 

カードローンの失敗とはどんなものなのでしょう?

 

 必要額に到達しなかった
カードローンで借りたいという希望額は誰でもあるものです。
必要な額まで到達しないカードローンを選ぶと、失敗ということになってしまうでしょう。カードローンは限度額を決めておいて、範囲内で利用するものですね。

 

審査によって決まるので、申し込み前にいくらぐらいの限度額まで設定できるのか、予測するのは少し難しい部分もあります。

 

 使い勝手の悪いものだった
カードローンの使いやすさは、利用する方によって違いがあります。
借入や返済の場面をイメージせずに比較すると、使い勝手が悪いカードローンを選んでしまうかもしれません。

 

 審査に通らなかった
事前に予測しても、審査は思ったようにはいかないものです。
しかし、低金利・高限度額な銀行カードローンは、やはり審査通過率も低いことが多いでしょう。そういった銀行カードローンばかりに申し込んでしまっては、すべて同じ結果になる可能性もあります。

 

銀行、銀行系、信販系などで比較して申し込んだほうが、借りられる可能性が高まるでしょう。

 

カードローンはきちんと比較することが大切です。
これまでローンを利用したことがない方も、比較サイトやランキングサイトを参考に、申し込み先を決定しましょう。

 

金利だけ、限度額だけと一点だけで比べるのではなく、トータルでカードローンを比較することが大切です。

 

ちゃんと比べればよかった…失敗体験談

カードローン選びを失敗してしまった体験談を参考にしましょう。

 

比較することで、失敗を防げますよ。

 

「とにかく早く借りたかったので、時間がないと思い最初に目についたカードローンに申し込みました。必要なタイミングには間に合ったのですが、比較しなかったので後からもっと金利が低いカードローンを見つけたのです。借り換えればよいとも思いましたが、面倒なのでそのままになっています。」

「初めてのカードローンだったので、実際にどうやって借りるのか、返済していくのかを予測していませんでした。借入方法をカードローン同士で比べていなかったので、ATMキャッシングのみしかできないものを選んだのです。後から振り込みキャッシングもできたほうが便利だと気づきましたが、遅かったですね。」

「銀行系カードローンと、銀行カードローンを借入先候補にしていました。金利はきちんと比較したのです。しかし銀行系カードローンは、総量規制の範囲内しか借りられないという違いを把握していなかったので、希望する額まで限度額が到達しませんでした。総量規制のこともきちんと比べておけばよかったです。」

「金利は最高金利を比較するということを知らなかったのです。最低金利は低いカードローンに申し込みましたが、最高金利が適用されました。他に最高金利が低いカードローンもあったので後悔しています。金利はできるだけ低いに越したことはないですよね。利用していると、限度額増額や金利引き下げも可能になるようですが、審査になるのでちょっと不安ですね。」

 

カードローンを色々な点から比較することで、低金利や便利なものを選ぶことにつながるでしょう。

 

使う方によってベストのカードローンは違う

ベストのカードローンは、誰が使うのかによって違います。一般的に使いやすいカードローンというのはあるでしょう。

 

申し込みや借入、返済方法などが多くあり、その中から自分が便利なものを選んで使うというものです。

 

しかし、利用方法が限定されているカードローンでも、自分が希望する利用方法があれば使いやすいと感じるのではないでしょうか。

 

銀行口座のバックアップに使う目的なら、振り込みキャッシングのみが借入方法のカードローンでも問題ありません。返済も、ATMを見かけた時に返してしまう方法がよい方もいれば、口座振替で自動的に返すと忘れなくてよいという方もいます。

 

カードローンの利用方法の希望をきちんと出しておくことが、ベストのものを選ぶことにつながるわけですね。また、どんなカードローンがよいのかということを明確にしておくと、比較もスムーズになります。

 

申し込みできる方が限定されているカードローンもありますね。
専業主婦など本人収入がない方は、配偶者の収入で審査を受けられるカードローンを選ばないといけません。専業主婦の方は、貸金業者には申し込みできないのです。この場合は、きちんと金融機関の違いを把握していないと、比較しても意味がなくなってしまうでしょう。

 

カードローンをどうやって使うのかを自分で考えてから、比較をスタートしましょう。
急いでいても、計画を立ててから申し込み先を探したほうが、時間の短縮となることが多いのです。もちろんぴったりのカードローンを探しやすくなりますよ。

 

カードローンの基礎知識は必要

カードローンを比較して選ぶためには、カードローンの基礎知識があったほうがよいでしょう。よりよいカードローンを選びたい時には、やはりどんな利用をするとよいかを知っておくべきです。

 

そうはいっても、カードローンの基礎知識には難しいことはありません。

 

1.限度額を決めておき範囲内で利用できるローン
カードローンと他のローンの最大の違いでしょう。借りられる最も大きな金額を限度額(極度額)と呼びます。もちろんこの額いっぱいまで借りてもよいですし、最少借入可能額(1万円単位や、1,000円単位などカードローンによっても違いがあります。)だけ借りてもかまいません。

 

2.借入の目的を自由に決められるローン
ほとんどのカードローンは借入目的を自分で自由に決められます。最初の申し込み時に、借入目的は記入します。ですが、再度借入する際にまた借入目的を申告する必要はありません。目的ローンなどのように、お金の使いみちを証明する書類を提出することもないのです。ただし、ギャンブルなどの目的では借りられません。また事業性資金としても、ごく一部のカードローンを除いて利用できないのです。

 

3.サービスが充実しているローン
使いやすいという点がカードローンの特徴です。これは、各金融機関のサービスがとても充実していることが理由に挙げられるでしょう。申し込み、借入、返済など一連の利用方法がとても便利になっています。ネットを活用してどこにも行かずに気軽にローンが利用できるようになっているのです。無利息サービスやポイントサービスなど、利用者が少しでもお得に使えるサービスが充実している金融機関もありますね。

 

使いやすい、安心して利用できる金利設定になっている、といったこともカードローンについて知っておきたいことでしょう。上手にお金を使うサポートとしての役割に、ぴったりなのがカードローンです。