銀行カードローンの比較方法

各銀行の特徴によって、利用方法などに大きく違いがあるのがカードローンです。
比較は少し大変だと感じてしまうかもしれません。それは、銀行の種類である都市銀行、地方銀行、ネット銀行、流通系銀行などによってカードローンの違いが大きいこともあるからです。

 

比較する際には、銀行の種類で決めてしまわず、できるだけ候補を広げておくことが大切でしょう。また銀行によって、複数のカードローンを取り扱っていることがあります。一つの銀行が発行するカードローンでも、種類が違うことで口座開設なしでも利用できることもあれば、そうではないこともあるのです。申し込む前に確認が必要でしょう。

 

口座開設にも関連してきますが、借入までのタイミングも、カードローンによって違いがあります。銀行カードローンは、保証会社の保証を受けないと借りられません。一つの銀行が複数の保証会社を設定していることもあります。保証会社の違いによって、金利などに違いも出てくることもあるため、この点も注意が必要です。

 

ただし、保証会社を申し込む方が選択するわけではありません。
そのため、金利が低いほうで、という指定などはできないことは知っておきましょう。

 

銀行カードローンは、銀行らしいといってもよい金利の低さと限度額の大きさが大きな特徴です。審査時間は長いものというイメージが強いですが、現在は即日融資できるような銀行カードローンもいくつか登場しています。

 

比較する時には、できるだけたくさんの銀行カードローンを候補に挙げておくほうが、よりぴったりのものを見つけられるでしょう。